028: Product

N.G.R × MIDORI.so
WORK ON/ON SHOES

OnとOffをシームレスに繋げるシューズで、新しい働き方を足元から。

物質的な豊かさ以上に心の豊かさが求められる時代においては、賃金の高さや手がけたプロジェクトの大きさだけではなく、良好な人間関係ややりがいなども大事にする人が増えているように思う。かつては、仕事とプライベートのOnとOffを切り替えることが最善とされていた時代もあった。しかし、いまはどうだろうか。
この時代における新しい働き方として「仕事と遊びを近づけることで自分らしいライフスタイルが実現できないか?」ということを模索しているのが、CO-WORKING SPACEの先駆けであるみどり荘だ。常に新しい働き方、文化を発信しているメンバーが次に目をつけたのが、シューズである。

オフィスに到着して制服に着替えたり、内履きに履き替えたりする行為自体がOn/Offを切り替えるスイッチになっているのではないか──という仮説から、テーマになったのが“内履きと外履きの中間領域”。まるで家にいるような居心地の良い環境で働けるよう、スリッパのようなデザインをシューズに施すことでOnとOffをシームレスに繋ぎ、遊ぶようにアイデアを出したり、遊びのなかからヒントを得られたりしないだろうか、という考え方がきっかけとなった。

この『WORK ON/ON SHOES』の開発を行ったのは、「Bespoke Hand-made Sneaker」として独自のスタンスでブランドを展開する、デザイナー名倉誠人氏が手掛ける『N.G.R.』。外履きでも対応できる耐久性を担保し、アウトソールにもビブラムソールを採用した。外履きの上質さと、内履きのリラックスさが共存できる素材として、選ばれたのがUltrasuede(r)だ。内履き・外履きともに重要な要素である軽量化をクリアするためにも、Ultrasuede(r)は不可欠であった。

デザイナーの名倉氏は、以前にもUltrasuede(r)を活用した『Firrst shoes WORKSHOP』を実施。参加者から「あまりにも軽くて驚いた」などと多くの反響があったことから、高品質なスエードの質感を保ちつつ軽量化も実現できることを確信し、今回は大人向けのシューズでの採用を決定した。サンプルを制作してみて「想像以上の軽やかさを手に入れることができた」と、仕上がりにも満足しているという。

90年代のネオンマルチカラーブームを彷彿とさせる、アッパーの上品なグレイと、内側のネオンイエロー。インソールにはヌメ革を使用し、『N.G.R. 』と『MIDORI.so』の焼印を押した。履き続けるうちにヌメ革の色も変わっていき、皮本来の表情が楽しめる仕様になっている。Ultrasuede(r)はカラーバリエーションも多く、組み合わせも豊富なため、今後、みどり荘メンバーそれぞれのテーマカラー展開も試みる予定だ。

『WORK ON/ON SHOES』を履き、仕事とプライベートの垣根を超えて生活のあらゆる事象をプラスONすることで、仕事にも遊びにも良いインフルエンスが生まれる。『WORK ON/ON SHOES』は、人生が豊かになるきっかけをもたらす可能性を秘めたプロダクトなのだ。

『WORK ON/ON SHOES』はオンライン限定で受注生産で販売を行っている。


Creator

名倉誠人


靴専門学校卒業後、神戸レザークロスに就職。木型モデリストとして活動。
2008年 Be spoke shoes「N.G.R.products」を設立。
ブランド名N.G.R.(Next Gravity Revolution=重力からの解放) 
それは、『Next level』 意味し、歴史を財産と考えNext levelを探求するシューズブランドです。
2011年より「N.G.R. baby shoes workshop」 をスタート。
2015年、浅草に工房兼ショップをオープン。

N.G.R. craft and shop
111-0024
東京都台東区今戸2-30-8 
ときわビル1F

Open Day : 第一第三 土日
Open : 12:00 – 18:00
(変更される事もございます。)

n.g.r.products@gmail.com
090-6198-6710

みどり荘

みどり荘は、これからの働き方の可能性を追求すると共に、個が尊重される社会においても(そのような社会だからこそ)、大切な拠り所となるであろう仲間とともに働くスペースです。様々な仕事/国籍/趣味/考えを持つメンバーが集まり、その混沌を通して生まれる「何か」をみんなで楽しめる場を目指しています。かつてのトキワ荘のように。

https://midori.so/

Material