015: Interior

NOHGA HOTEL

ローカルと深く繋がる、新しいホテルプロジェクト。
クラフトの精神が宿るその空間を、レセプションで再現。

2018年10月、東京・上野に新しいホテルが誕生する。その名も『NOHGA HOTEL』。「地域との深いつながりから生まれる素敵な経験」をコンセプトに、ホテルの新たな価値を創造するプロジェクトだ。

世界中から人々が集まる東京の中でも独自のスタイルを持つ上野は、古き文化を継承しつつ新しい風を受け入れる懐の深い街。ここにただ宿泊してもらうだけでなく、ゲストが滞在中に上野をより身近に感じることができるようなコンテンツを、地域の方々と共に考えていく。

野村不動産がこの初めてのホテル事業を立ち上げるにあたり、新会社である野村不動産ホテルズの設立記者会見に合わせて、『NOHGA HOTEL』のコンセプトをお披露目するレセプションパーティが開かれた。

レセプションのテーマは『TAITO EXPERIENCE』。台東区が次世代のクリエイターを育てる拠点として始動した『台東デザイナーズビレッジ』の体育館を会場に、ゲストが台東区のものづくりや食の文化に触れ、街に流れる時間や空気を体験できるよう、地域の方々の協力を得て開催することとなった。

会場の空間づくりは、若手デザインチーム『Phyle』が担当。心地良いホテル空間を再現するべく、柔らかく湾曲した壁面を3つ用意した。ひとつはエントランスアプローチに立てかけ、入り口からホテルの雰囲気を味わってもらえるよう工夫。その裏側に、ゲストをもてなすためのピンチョスを刺すというユニークな手法がとられた。もうひとつの壁はバーカウンターなどが集約された飲食エリアの後ろに設置し、よりホテルを彷彿とさせる空間に。最後の壁はラウンジエリアに設け、フォトグラファーの荒谷NOMA氏が切り取った上野の日常風景写真を展示した。ホテルでも、宿泊者以外の人に解放して上野の文化を楽しんでもらえるよう、ロビーにギャラリースペースを設ける予定だ。

会場のキーとなる壁面をさらに上質に変化させたのが、ultrasuede®である。メインカラーは、落ち着いたブラウン。そしてギャラリーウォールには、作品が映えるホワイトをセレクトした。会場全体を包み込むスエードの温かい質感と、上野の職人が作るガラス工芸や銀器などのものづくりブースが見事に融合。

レセプションのタイトルである『TAITO EXPERIENCE』が体現できる空間が実現し、「地域に根ざしたホテル」というスタンスを十分に認知してもらえる時間となった。


Creator

phyle

設計・デザイン・施工をトータルでプロデュースする2人組みユニット。B.P TOKYOという名で、ハンドメイドブランドも展開。マテリアルに造詣が深く職人と組んで現場に合わせて新しい什器も製作している。デザインとクラフトマンシップの領域を跨ぎながらも常に挑戦し続ける姿勢が評価され今回のホテルレセプションの空間デザインチームに抜擢された。

http://www.phyle-inc.com
http://www.bptokyo.com

Material